日常の4コマ漫画。サザエさん、あたしンち、ちびまる子ちゃん的な笑いを目指しています。クスッと笑ってもらえると嬉しいです♪ママ友&お客様は覆面で登場中!!コメント☆リンク☆大歓迎です≧(´▽`)≦
プロフィール

鈴木キママ

Author:鈴木キママ
鈴木パイン(夫)
鈴木キママ(ブログの管理人)
元ナース。今は実家の喫茶店を
時々手伝っています。
山田孝之の演技が大好き。
鈴木ライチ(高校3年生)
鈴木スモモ(中学3年生)
※この漫画ではママ友たちは
覆面で登場します
※だいたい週2回更新
(火曜日&金曜日)

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最近のコメント
最近の記事
鈴木さん家の別ブログ

ドラマネタ・水彩画載せてます。ものづくりバナー

オリジナルレゴ作品載せてます。レゴバナー

カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

20060904103637.jpg




たぶんライチがカマキリが怖いと言ったのは

「アリからみると」という本を読んだ後だったからかも


うちでは虫が怖いと言ったりすると、
「虫のほうがあんたら怖いわ」とか言ったりします
そしたら、「そうやなあ」と笑ってます^^
でも、やっぱりハチは怖いかな。
刺されると命を落とすこともあるらしいし。
スポンサーサイト
<< ルービックキューブ(4コマ漫画) // HOME // 松茸(絵手紙022) >>
http://oxo.sblo.jp/article/1219371.html
八嘉村の大将も鎌を持っていそうですね。
あの人はとにかく怖いです。
あれはたしか津山の事件が元ネタなんですってね。
【2006/09/04 Mon】 URL // 荒川執事 #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
≫荒川執事さん
さすが、荒川執事さん物知りですね。
過去に恐ろしい事件があったんですね。
人間ってほんと怖いを通り越して恐ろしいですね。
【2006/09/04 Mon】 URL // 鈴木キママ #- [ 編集 ]
カマキリかぁ・・・
怖い物って結構一杯あって1番が決められないかも・・・私^^;
【2006/09/04 Mon】 URL // vivian-w #- [ 編集 ]
あ、わたしもね、同じ事言ってる(笑)
ムスメたち、すごい虫が苦手だから、そのたびに!!

それと、よく同じ事考えます。
生きる力。
いろんな動物食べてるけれど...ってね。
【2006/09/04 Mon】 URL // ともすけ #FMbcT0h. [ 編集 ]
以前、小説に書いてあったのですが、人が暗闇を怖がるのは、闇になにかいるのでは?といった、(自分で勝手に作った=暗鬼)を恐れるらしいのです。
実際には、闇には、何もいないし、闇だと見えないから、机の脚に足をぶつける位なんでしょうけど…
【2006/09/04 Mon】 URL // シンジロウ #- [ 編集 ]
そうですねー
カマをもともと持ってるってことは、道具を使えない虫たちにとって
とっても便利だし、ありからしたら怖いですよね。
もしジャングルにほうりだされても、人間には慣れというものがあるので
普通にはしを使っているように、ジャングルも使いこなして生活すると思いますよ~。
原住民がそうですし。
【2006/09/04 Mon】 URL // しゅんぺ~ #- [ 編集 ]
怖いもの
キャッ(≧▽≦)私の名前まで載せてくれたんですね・・・!!
ありがとうぅぅ☆
とっても嬉しいですよ~!
憧れのキママちゃんブログに、名前が載るなんて。。。!

それにしても、ライチくんは、ここぞ!という時の一言が いつもおもしろい!!
カマねっ。
確かにそうよね(笑)

あ、
金太郎の記事には、思いっきり笑わせてもらっちゃった(^m^*)

「アリからみると」の本、すごい迫力!

それを見たら、カマキリは怖いよね~。
納得!

「生きる力」
きっと、人間はとっても弱いんだと思う。
でも、人間より頭のいい動物っていないから、そこが違うんだろうなぁ。
同じ世界に生きているけれど、まったく違う形で生きているのが人間。
それぞれ、ムシにしても、動物にしても、違う形で生きているけれど、暗黙の了解で、それ以上は踏み込まない何かって あると思う。
だけど、人間がそれをぶち壊してるような気もします。
自分たちのために、木を切り、森を壊し、海を汚す。
そうしなければ、まるで生きていけないかのように。
そういうところが、弱くみえる。
だからといって、私に何かできるかと言えばできないけれど。

自分の身一つで自然界を生きる虫や動物たちは、強くて魅力的な存在ですね。

人間には繊細な心と気持ちがあるからこそ、残酷だと感じるし、怖いとも感じる。
だけど、そこは、人間として誇れるところじゃないかなぁ。

考え出すと、深すぎて、抜け出せなくなりそうな世界だわ・・・(汗)
【2006/09/05 Tue】 URL // あき #- [ 編集 ]
でた、金太郎!
私が一番好きなマンガですよ。

今回のライチ君の突っ込み、
またもうちの長男を髣髴させる面白さです。

人間って確かに不思議な存在ですね。
もっと謙虚に生きなくてはって思います。
【2006/09/05 Tue】 URL // なほ #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
≫vivianさん
怖いものっていっぱいありますよね~
私もいっぱいあります。

≫ともすけさん
怖いものは怖いんですけどね^^
そう、動物たちを食べてるってそうなんですよ^^;
私なんて自分の手をよごさず動物たちを
食べてるからますます悪いな。
せめて感謝の念をもって残さず食べたいと思います。

≫シンジロウさん
なるほど~
闇も怖いなあ。
想像力がたくましすぎるほど怖いんですね^^;
だって田舎の夜って怖いですもん。
電気を消すと恐ろしく真っ暗でなんかいそうですもんね。


≫しゅんぺ~さん
原住民の人々って自然と対等というか、
すごく自然のありがたさがわかっているからか
自然を大事してますよね^^
自然があって自分が生きられるということを
生活中で感じられる暮らしってすごいなあ。
私には無理かも、ほんとアウトドアとか苦手だし・・・・。
けど、そうなったらなったらで案外頑張るのかもしれませんね^^
慣れですよね。

≫あきさん
いえいえこちらこそ、トラックバックさせて頂いて
ありがとうございます^^
憧れなんてとんでもないですよ^^;
でも、なんだかややこしい展開に持っていってしまいました。
ごめんなさい。
私としては虫をバカにするのではなく虫たちに敬意を
表したかったんです。結構虫って残酷に殺されてたりするので
なんだかかわいそうでね^^;
それに、そうですよね、何ができるわけじゃないし、
考えると抜け出せないです^^;
私も今の生活をしてる以上言う権利はほんとないなあと思ってます。
結局そうすることで私自身が暮らしやすくなってますもんね^^

≫なほさん
なほさんがいつもいいといってくれた
金太郎!!
再利用してみました。
お互い息子達のつっこみで楽しめますね^^
私ももっともっと謙虚に生きていかなくては・・・。
【2006/09/05 Tue】 URL // 鈴木キママ #- [ 編集 ]
ガンバレ
ライチ君・スモモチャン 中間役のママサン忙しそう
ママサン先生も怒ったり、なだめたり 時には先生役
ライチ君の成長ぶりに負けそう ガンバレママ先生 

このあいだは画像の方に来ていただき有難うございます
リンクの貼らない隠れや 練習場所でした 見つかって残念
又見てね(笑)
【2006/09/05 Tue】 URL // 和 #HfMzn2gY [ 編集 ]
抱きしめること
人間が一番こわいです。
その通りですね・・・・・

おそろしい事件がたくさんで
毎日涙が出るような事件ばかり。

子供を抱きしめて、美味しいご飯を作ってあげれば、
そんな事件は、随分なくなると思うんですけどね。
【2006/09/05 Tue】 URL // 寿司屋のおかみさん小話 #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
≫和さん
そういってもらえるとありがたいです^^
兄妹げんかも耐えないし毎日がえらいことになってます^^;
和さんの絵手紙や写真にとても癒されるので
また、遊びに行かせてもらいます^^
ほんとあのサイトはすごいのにもったいないです。

≫寿司屋のおかみさん
私も子供を抱きしめ美味しいご飯を作ります。
愛情が伝わりますもんね^^
時に怒ってますが・・・・。
もっとあたたかい世の中になって欲しいですね
【2006/09/06 Wed】 URL // 鈴木キママ #- [ 編集 ]
…楽しい漫画いつもありがとうございます。
でも、金太郎が持っているのは…「マサカリ」ですってば!
【2006/09/07 Thu】 URL // いわさき #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
そっかまさかりでは木は切れないんですね^^;
木を切るのは斧ですか・・・・!?。
まあ、そっとしときます・・・・・。
いまさらかえるもあれなんで・・・・・。
ご指摘ありがとうございます^^
【2006/09/07 Thu】 URL // 鈴木キママ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kimamas.blog65.fc2.com/tb.php/97-ad905731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //