日常の4コマ漫画。サザエさん、あたしンち、ちびまる子ちゃん的な笑いを目指しています。クスッと笑ってもらえると嬉しいです♪ママ友&お客様は覆面で登場中!!コメント☆リンク☆大歓迎です≧(´▽`)≦
プロフィール

鈴木キママ

Author:鈴木キママ
鈴木パイン(夫)
鈴木キママ(ブログの管理人)
元ナース。今は実家の喫茶店を
時々手伝っています。
山田孝之の演技が大好き。
鈴木ライチ(高校3年生)
鈴木スモモ(中学3年生)
※この漫画ではママ友たちは
覆面で登場します
※だいたい週2回更新
(火曜日&金曜日)

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最近のコメント
最近の記事
鈴木さん家の別ブログ

ドラマネタ・水彩画載せてます。ものづくりバナー

オリジナルレゴ作品載せてます。レゴバナー

カテゴリー
月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

以前ブログにも取り上げた

映画「手紙」

ついに映画館で観てきました。
以前の記事はこちら→映画「手紙」
DSCF0818.jpg


タイトル地味だし興味のない方も多いかもしれませんが、

何がいいって


やっぱり原作がいい!!

原作は直木賞作家「東野圭吾」
        

役者陣の演技力がいい!!

主演「山田孝之」「沢尻エリカ」「玉山鉄二」


漫才がいい!!

そしてなにより漫才で泣ける映画なのです。

漫才を見て泣いてしまうなんてありえないでしょう?


原作では直貴は歌手を目指すのですが、
 映画では漫才師を目指すになっています。
 それってどうなん?と思っていたけど、 
 東野圭吾さんのコメントでも
 「とにかく山田君の漫才は面白い」
 というのがあるのですが、山田君の漫才はかなり面白いです。



パンフレットがいい!!

700円とやや高めなのですが、
 ページ数も多く、内容も充実しています。
 映画の中で直筆の手紙が納められています。
 そこだけ紙質が違うのも心にくい。


音楽がいい!!

挿入歌の小田和正さんの「言葉にできない」
 はもちろんピッタリなのですが、
 「ALWAYS 三丁目の夕日」で、
 2006年日本アカデミー賞最秀音楽賞を受賞された
 「佐藤直紀」さんです。映画の中の音楽もとてもいいです。


東野圭吾さんからの手紙がいい!!

原作者の東野圭吾さんがこの作品を書いた思いが綴られています
 映画館の前に展示されています。
 やっぱりさすがいい文章です。



あんまりうまくは書けないのですが・・・・。
どんな映画かというと・・・。


兄、武島剛志は弟の学費を得るため強盗に入り
あやまって人を殺してしまいます。
そして服役囚となります。
主人公、武島直貴はその武島剛志の弟です。

犯罪加害者家族の人生を通して、

罪を犯すということは

罪を償うということは

真の更正とは....


ということを考えさせられます。

そして、犯罪を犯すと言うことは自分だけの問題ではないことを
突きつけられます。


強盗殺人をおこし服役囚となる兄を「玉山鉄二」
その弟、直貴を「山田孝之」が演じます。

主人公、直貴は殺人者のお兄さんを持ったことで
人生が一変します。

兄と弟が手紙のやり取りをすることで
より状況は悪化します。
さて、主人公、弟、直貴はどんな道を選ぶのか

見所です。


そして、この直貴を支え続ける女性が白石由美子です。
この由美子役を「沢尻エリカ」が熱演しています。
沢尻エリカは変な?ファッションや傲慢な性格のみが
報道されているように思うのですが、
この映画ではとにかくすごい女優さんです。

おさげの女の子からお母さんまでの成長を演じるのですか、
その、変貌ぶりは圧巻です。



もちろん原作を読んでいる私としては、
ここでこのセリフ一発くださいだの、
この展開一発お願いします(笑)
というところはあるのですが、
二時間でよくここまでまとめ上げたと思います。
特にラストに関しては原作よりいいです。



原作もとても深いので、興味がある方は
文庫本も出ているので、是非ともおすすめです。
東野圭吾さんの作品はサスペンスのイメージが
強いと思いますが、これはサスペンスではありません。
でも、何故タイトルが「手紙」なのか
あっと思わせてくれるすごい展開
になっています。


原作はこちら
    ↓↓↓↓↓
手紙 手紙
東野 圭吾 (2003/03)
毎日新聞社
この商品の詳細を見る


文庫本はこちら
    ↓↓↓↓↓
手紙 手紙
東野 圭吾 (2006/10)
文芸春秋
この商品の詳細を見る



原作「手紙」は毎日新聞で連載されていたので
こちららでも紹介されています。

↓↓↓↓↓
毎日新聞(まいまいクラブ)

毎日新聞にも連載されていただけに
年齢層も幅広く
若い人からお年寄りまで観に来られていました。

GyAoの無料動画はこちら→GyAo無料動画

公式サイトはこちら→「手紙」公式サイト


一緒に行った主人の感想は

「自然に涙が出てくるなんてすごいことだ」

と言ってました。
普段は絶対泣かない人なんですよ。


私もなんだか心に響く映画だなと思います。

実はこの映画オンライン試写会が当りパソコンでも
観ていたのですが、やっぱり映画館に行ってしまいました。
何度見ても感動で泣いてしまいます。
そしてその深さに考えさせられます。


映画館で「手紙」が観れるのは今だけですからね。


「デスノート」もいいですが、「手紙」もいいですよ。
そういえば、デスノートのパンフレット売り場では、
これは、「ノートではありません」と注意書きの中売られていました(笑)
そりゃあ世の中デスノートだらけだと怖いよー(><)
なんだか今日も熱く語ってしまいましたが、
クリックしてもらえると嬉しいです^^

↓↓↓↓↓
banner_02.gif←絵日記ランキングに参加しています。
子育てブログランキング←子育てランキングにも参加してます。
                 よろしければ猫ちゃんバナー捜してみて下さいね。
←育児日記ランキングに参加しています。

いつも応援ありがとうございます。
スポンサーサイト
<< すももの髪型(4コマ漫画) // HOME // 微笑み(絵手紙) >>
久しぶりの訪問です。
引越しでパソコンOFFになってまして・・・
デスノートもすごい話題になってますけど、私は『手紙』みたいに
泣ける映画の方を見てみたい派です。
原作読んでみようかなー。
また来ます。
【2006/11/15 Wed】 URL // ゆみmama #- [ 編集 ]
いいですねぇ。最近泣ける映画って見ていません。
鈴木キママさん、絶賛のおすすめ映画なので
見てみたいな~。
【2006/11/15 Wed】 URL // うなっぴ #- [ 編集 ]
そうなんですか・・・・・・ふむふむ・・・・・・
キママさん絶賛ぶりで見に行きたくなったけど、
ひとまず映画を観にいける環境がなかなかないので、
原作を読むしかないですね。

ところでタイヨウのお2人ですよね。
沢尻さん・・・私も実際のところの人物像はわからないけど、
(当たり前だ)魅力的ではありますよね。
是非、見てみたい!!
【2006/11/15 Wed】 URL // ひろえ #- [ 編集 ]
こんにちは
私も原作読みましたヨー。
色々と考えさせられる、良い作品でしたネ。

原作を上回るラスト・・・うーん、見てみたくなりました。
【2006/11/15 Wed】 URL // 釣志(ちょうじ) #HCI4rwHI [ 編集 ]
漫才もあるんですか?
しかも泣ける漫才だなんて、
どんな物なのか興味深々です。
仕事に復活してしまい、
映画館に行ける機会があるかどうか・・・
映画館に拘らない人間なので、
ビデオでも良いかななんて。(^^ゞ
【2006/11/15 Wed】 URL // やっち #AkT6zNNU [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
≫ゆみmamaさん
お久しぶりです^^
引越しお疲れ様でした。
「手紙」原作も泣けると思いますよ。
原作の方が意味を考えるほどに
泣けてくると思います。

≫うなっぴさん
そういってもらって嬉しいです^^
人それぞれ好みもあるので、あまり強くは言えませんが、
これはおすすめです。
原作もすごくいいですよ。

≫ひろえさん
そうそうタイヨウの歌のお二人なんですよ。
あれはこの映画の後に撮影されたようです。
あれも、この映画を意識したのか不必要な山田君の
生い立ちが目立つのですが、私的にはこの映画を意識してたのではないかと思います。
あのドラマは脚本がいまいちで二人のよさが
引き出されていなかったように思います。
この映画では魅力が引き出されているように思いますよ。
原作もすごくいい話です。

≫釣志さん
釣志さんも原作読まれたんですね。
なんだか嬉しいです^^
確かに原作すごくいい作品ですよね。
ラストは深さでいうと原作なのでしょうが、
映画はその場で伝わるものが大きいと思います。

≫やっちさん
漫才があるんですよ^^
しかもそれが映画を壊さないように
考え抜かれたさじかげんでラストがとてもいいんです。
仕事に復活はおめでたいですが、
今度は忙しいですよね。
ビデオでもいいと思いますよ。
【2006/11/16 Thu】 URL // 鈴木キママ #- [ 編集 ]
漫才は意外です。
やっぱりあまりに暗い話だから
ガス抜きが必要だったんですかね?
でも見てみたいです。
【2006/11/16 Thu】 URL // なほ #- [ 編集 ]
なるほど^^
鈴木キママさんこんにちは^^
先日は訪問&コメントありがとうございました。

そういう映画なんですね。
先日、夫が『これ観に行こう』とか言ったんですけど、
結局デスノートを観に行って来ました。
そして、デスノートにメチャはまり・・・コミック本の方も
買ってしまいました。

東野圭吾さんは、好きな作家さんなので原作は是非読んでみたい!
映画も行けたら観に行きたいなぁ・・
【2006/11/16 Thu】 URL // 南天 #ihn3MyrQ [ 編集 ]
映画館。最近じゃ、ポケモンとかヒーロー物しか行ってないなぁ・・・
午前中、行く気になれば行けるのに・・・
一人で映画館なんて、なんかいい女風かも!!
あくまでも、「風」・・・ね。
原作読んでから行ってみようかな♪
【2006/11/16 Thu】 URL // まるりん #- [ 編集 ]
「手紙」見に行ったんですね。いいなぁ~。
パソコンで見るよりやっぱ映画館の方が良いですよね。
ウチはチビ達がいるので行けるかなぁ…(涙
原作、近頃何だか忙しくまだ読んでないので読まないと…って
思ってはいるんですけどね。^^;
もう一度漫才で泣きたいわぁ。^^
例のあの曲は映画館で聞いてもやっぱり合わなかったんでしょうね。
【2006/11/16 Thu】 URL // せんchan #- [ 編集 ]
こんにちは
初めまして、映画の感想を読んで、すごくこの映画が見たくなりました。
実は、『木更津キャッツ・アイ』見に行くつもりだったのですが
今回はこちらの感想を読んでいるうちに是非見たいなって思います。
それで原作も気になるのですが、先に読んでしまわない方がいいですかね?
【2006/11/16 Thu】 URL // ヒカルママ #TY6CN94Y [ 編集 ]
原作を読んでみたいと思っていたところです。
まだ読んでいないんです…(^^;
キママさんはいつも原作を読んでから映画ですか?
やっぱりその方がいいのかな?
【2006/11/16 Thu】 URL // SMILE #e/hJmtpI [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
≫なほさん
そうなんですよ^^
あまり人かかわることの苦手そうな直貴とは合わないような
キャラなんですが、
みると漫才いいなあと思いました。
なるほど~ガス抜き的な意味合いもあるのかもしれませんね^^

≫南天さん
そうなんです^^こういう映画なんです。
南天さんはデスノートにはまっているのですね。
私も前半をテレビで見てとても気になってます。
非現実ながら面白そうですよね^^
私もいまさら書くのもあれなのですが、
東野圭吾さん大好きです。
読み出すと止まらないですよね^^;
今は私は「赤い指」を読む所です。

≫まるりんさん
子供がいるとどうしてもアニメになりますよね^^
私もそうですよ。
いい女風(笑)映画館いいですね^^
私も来年言い女風になるといいな。
でも、いつでもいけるとなると私も行かない気がします。

≫せんchanさん
あの曲ね。これが案外免疫がついたらしく慣れました(笑)
でも、あれはこれからくるぞというかまえが必要ですよね。
旦那はこれはきっと涙止メのためやと言ってました。
あまりに小田和正さんがうますぎてずっと聞いていたいと
私は思うんですけどね^^;

≫ヒカルママさん
こちらこそこんにちは
ご訪問コメントありがとうございます^^
「木更津キャッツアイ」シリーズって見たことないのですが、
面白そうですね。
でも、ほんと手紙もいいですよ^^
もしもこれから行かれる予定があるのなら
読まない方が展開が楽しめると思います。
でも、できれば原作は読んでもらいたい。
そんな話です。
もし、映画に行く暇がないとすれば原作だけでも十分楽しめますよ^^
小説の方が自分のペースで読めるので展開にはっとさせられるかもしれません。意味合いも小説の方が深いように思います。
なんだか押し付けがましいですが見に行ってもらえるとすごく嬉しいです^^

≫SMLEさん
そうそうそう。そこが悩みどころなんですよね^^;
私も最初は映画が先と思っていたのですが、
映画が決まってからこの本を知ったのですが、
それが半年以上前で待ちきれなかったんです(><)
ほんとは映画を見てからの方がいいのかなあと
思うけど、自分のイメージも大切にしたいとか
いろいろ考えちゃいます。
でも、これはとにかく原作がいいなあ。そしてよくぞ
これをよく映画にしたなあという驚きの作品です。
読んでもらえると嬉しいです。
【2006/11/16 Thu】 URL // 鈴木キママ #- [ 編集 ]
そうですか、これはまず原作ですね!
早速読んでみようと思います。
ありがとうございましたm(._.*)m
【2006/11/17 Fri】 URL // SMILE #e/hJmtpI [ 編集 ]
いいなぁ!
映画館で映画!!
しかも私も東野圭吾大好きなので、気になってました。
キママさんの記事見たら、ますます見に行きたくなっちゃいました(笑)
原作よりいいラスト、すごく気になります(><)
【2006/11/18 Sat】 URL // メグ #xnYXA2pU [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
≫SMLEさん
とっても悩みどころなんですが・・・。
こうなったら原作読んじゃってください^^
読んだらきっと行きたくなると思いますよ。

≫メグさん
メグさんも東野圭吾好きなんですね^^
なんだか嬉しいです♪
そうそうそうラストがいいんですよ。
映画館行くまでの道のりが私もたいへんでした^^;

【2006/11/18 Sat】 URL // 鈴木キママ #- [ 編集 ]
いらしてくださっていたのですね。
訪問履歴からまいりましたよ~。
私もこの手紙は原作を読んですごく考えさせられたのだけど、
映画は見にいけなくて、とっても気になっていたんですよね。
漫才、良かったですか。
原作の音楽に関しての「イマジン」についてがツボの私としては、
漫才でいいのかいとも思っていたのですが、
鈴木キママさんのお話読んで映画版も見たくなりました。
これはやっぱり観なきゃ!
教えてくれてありがとう。また遊びに来てくださいね。
【2006/11/24 Fri】 URL // ともちゃん #evpNv3oI [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
≫ともさん
ご訪問コメント嬉しいです^^
そして手紙へのコメントも嬉しい♪
確かに「イマジン」の意味がとても深いので、
私もどうかなあと思っていたんですよ。
ほんとはイマジンが理想だと思うのですが、
漫才もよかったですよ^^
心のつながりをすごく感じることができました。
内容的には私とは解釈が違うかなあと思うところもあるのですが、
それは人それぞれなのでなんともいえません。
でも、全体的にはすごくよかったです。
ぜひ、おすすめですよ。
私もまた、遊びに行かせてもらいます。
【2006/11/25 Sat】 URL // 鈴木キママ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kimamas.blog65.fc2.com/tb.php/137-695e0b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //